介護用品を上手く活用して、本人と介護者の負担を減らす

交通事故治療について

交通事故治療はどこで受けることができるのか

交通事故治療は病院の整形外科や整体に通院する事で行われます。 まずは骨折や捻挫、打撲など、事故による外傷性ショックにより損傷した部位と原因が明らかな場合があります。この交通事故治療は病院の整形外科で主に行われ、レントゲンやCTやMRIなどの画像診断で受傷部位、つまり骨や筋肉の異常を特定した後に保存療法や手術療法などが選択されます。 しかし、神経性の症状など、筋肉や骨に明らかな損傷が無い場合、病院では身体に現れている症状と原因を特定できない場合があり、そのためなかなか治療が進まない場合があります。そのような交通事故治療時に有効なのが整体での治療です。整体は対症療法が中心となるので、今現在出現している痛みや筋肉の緊張を自分が望むペースで交通事故治療を行っていくことができます。

整体を受けることのメリット

整体の治療は筋肉の緊張、痛みに対してのアプローチが主体となります。 例えば慢性的な肩こりや、腰の痛みに対して徒手的に筋肉の緊張を緩和させることで血行循環を改善し、それに伴って疼痛を緩和させていく手法が取られています。この手法は交通事故治療にも使用されており、むちうち症がその典型的な例と言えます。むちうち症は交通事故により頸部の神経が強い衝撃を受けた結果、その神経周辺の筋肉の緊張が強まり、その結果、血行循環の悪化、疼痛物質の蓄積、運動性の低下によるさらなる機能低下、といった悪循環が進行していきます。 整体では筋肉の緊張を緩和させる手法が用いられるため、血行循環の改善、それに伴う痛みの緩和と運動性の向上が期待できます。

Copyright (c) 2015 介護用品を上手く活用して、本人と介護者の負担を減らす all reserved.